toggle
2016-09-04

糸島パワースポット巡り


sousisakura02

自然豊かで、かつて伊都国として『魏志倭人伝』にも登場していた、歴史ある福岡県糸島市。それゆえか、浮世の概念からちょっと離れた不思議なパワースポット*があちらこちらにあります。

景勝地で名高い二見ヶ浦の近くには、櫻井神社と伊勢神宮にゆかりのある櫻井大神宮。唐津市に近い二丈地区には、恋愛にご利益があると言われる神社や小さな島にある不思議な神社や、不思議な木が。

今回は、ガイドブックにもあまり載っていない、糸島パワースポットをご紹介します。
これからの行楽シーズンに、ぜひ巡ってみてください!

※「パワースポット」の定義の一例。人間の心身に影響を与えるエネルギーが生じるとされる場所。

糸島パワースポット一覧

⇒神々が宿る、霊験あらたかな神社でパワーを頂く!
⇒女性に大人気!縁を結ぶ神様「くくりひめ」の神社
⇒とても神秘的!愛の神様が宿る、海上の神社
⇒弘法大師ゆかりのパワースポット
⇒二本の桜がまるで手をつないでいるよう!土地のパワーを秘めた「相思の桜」


神々が宿る、霊験あらたかな神社でパワーを頂く!

sakurai-1

糸島の景勝地、二見ヶ浦の近くにある、大きな森に囲まれた櫻井神社。実は、福岡藩二代目藩主、黒田忠之公(黒田官兵衛の孫)が創建した「櫻井神社」と、伊勢神宮の内宮・外宮の両宮の御分霊を祀っている「櫻井大神宮」の二社から成っています。さまざまな興味深いエピソードにあふれる同神社には、最近では、若い女性の参拝客も増えています。
中でも、特に強いパワーを感じさせる場所を2ヵ所ご紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲(上)凛とたたずむ櫻井神社楼門(右下)特にパワーがあると言われる、岩戸宮

OLYMPUS DIGITAL CAMERA一つは、櫻井神社建立のきっかけとなった本殿奥の岩戸宮。ここはかつての古墳の石室だったところ。1610年、大豪雨の日にその窟の口が開き、神霊が宿ったとされています。その後霊験あらたかな出来事が多々起こったことで、忠之公がこの御神様を崇敬し本殿を建立するに至りました。普段は岩戸宮の扉は閉まっており、毎年正月三が日と7月2日のみ開けられます。

神社を守る、外山穣也(とやまみのる)宮司。

sakurai-4そして、二つ目が本殿から5、6分ほど歩いた山の中にある「櫻井大神宮」。入口の鳥居は、伊勢神宮から今年3月に譲与された、元外宮・板垣北門の鳥居です。こちらをくぐり、石段とゆるやかな山道を登ると、空気が変わったように感じます。現れるのは、この辺りでは珍しい伊勢神宮と同じ様式、神明造り茅葺きの本殿、中殿、拝殿。「三殿を一直線に見ると、特にパワーを感じるとおっしゃる方が多いですね」と、ご案内していただいた外山(とやま)宮司。
緑深く、神聖な土地にある櫻井神社は、色づく秋もおすすめ。10月18日の新嘗祭(にいなめさい)では、やぶさめ神事が見られます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲最近は、櫻井翔にちなみ、嵐ファンの参拝が急増!


スポット名:櫻井神社
所在地:福岡県糸島市志摩桜井4227
電話:092-327-0317
ホームページ:http://sakuraijinja.com/

女性に大人気!縁を結ぶ神様「くくりひめ」の神社

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

870年の歴史がある白山神社は、石川県の白山比咩(しらやまひめ)神社を本宮とし、糸島市二丈福井に鎮座するお社です。
三柱の神様をまつり、主祭神は、菊理姫命(くくりひめのみこと)。

日本書紀においては、この菊理姫命が、夫婦であるイザナギ・イザナミの二神を「糸をくくるように取り持った」とされています。

そのことから、「縁結び」の神様としてご利益があると言われ、近年若い女性の参拝客が増えています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA「菊理姫命のくくりは、括(くく)るにつながり、様々なご縁を結ぶお力があることから、人気のある神さまですね」と、お話を伺った同神社の河上宮司。「恋愛だけでなく、人と人、会社と会社のご縁を求めて参られる経営者の方もおられますし、御利益へのお礼参りで来られる方も多いですよ」とのこと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA掃除の行き届いた境内はなんとも気持ちが良く、浜からの風が清々しく感じられます。

来る10月11日(日)に秋の例大祭、11月8日(日)にはご鎮座870年の奉祝祭が行われます。毎年5月の第2日曜日には、糸島市無形民俗文化財の「福井神楽」が奉納され、多くの参拝者で賑わいます。

スポット名:福井白山神社
所在地:福岡県糸島市二丈福井4908
電話:092-326-5916
ホームページ:https://hakusanjinjya.amebaownd.com/

とても神秘的!愛の神様が宿る、海上の神社

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

糸島市二丈の国道202号線沿い、地図上でもかすかに分かるほどの陸続きの小さな島に、不思議な神社があります。地元の方からは「箱島様」と呼ばれており、塞坐三柱大神(さやりますみはしらのおおかみ・村を守る神様)、西宮大明神(にしのみやだいみょうじん・大漁の神)、愛染明王(あいぜんみょうおう・愛の神) をまつっています。

島への小さな海の中道を歩き渡ると、松の木に囲まれた鳥居が現れます。島全体が神社となっていて、まるで小宇宙のよう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA祠(ほこら)にある火吹きの竹で、悪い方の耳を吹けば「耳の病が治る」と伝えられ、耳の神様として知られていますが、愛染明王のご利益にも注目!

看板によると、愛染明王は、奈良に本山がある真言密教の『敬愛を本体するとする神様』で、近世には「この明王を信仰すると美貌になると信じられていた」そうです。

海に浮かぶ盆栽のようなかわいいロケーションといい、愛の神様の存在といい、女性の心をくすぐる不思議なスポットです。


スポット名:箱島神社
所在地:福岡県糸島市二丈浜窪86
電話:092-322-2098 (糸島市観光協会)

弘法大師ゆかりのパワースポット

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

二丈浜玉道路・吉井IC近くにある、人気の温浴施設「まむしの湯」。

この地には、1200年ほど前、かの空海(弘法大師)が、まむしに咬まれて苦しむ筑前の村人を救うため、取得した法力で薬水を湧き出させたという「神水」の伝説が息づいています。

珍しい結晶水が沸き出ているため、古くからの湯治場として人々に親しまれており、平成10年に今の施設ができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAこちらにある、有名なパワースポットが、本館の裏手にある「空海(そらみ)」です。

ここはまむしの湯の起源となる場所で、「七福夫婦木」「神水湧水池」「パワーストーン」から形成されています。

池の上には倒れかけた木を下から優しく支えてくれる、まるで夫婦みたいな木があり、見たことのない不思議な雰囲気をかもし出しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA休憩所を出た庭からは、「空海」を眺めるための椅子も用意されています。

個人差はあると思いますが、空海からの「気のエネルギー」を浴びて、元気になった・・・と、笑顔で帰って行かれる人が多いそうです。


スポット名:空海(まむしの湯 敷地内)
所在地:福岡県糸島市二丈吉井2380-1
電話:092-329-3003
ホームページ:http://www.mamushi-spa.co.jp

二本の桜がまるで手をつないでいるよう!土地のパワーを秘めた「相思の桜」

sousisakura01

糸島市の最西端にある、登山客に人気の十坊山(とんぼやま)。

その山の北面3合目にある、互いに17m離れて立つ二本の桜が「相思の桜」です。開花時期になると、推定樹齢250年、同100年の大きな山桜同士が、まるで手をつないでいるかのように咲きます。

その姿には、ただならぬパワーが宿っているように感じられます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA2012年、十坊山麓で古民家を再生したギャラリー樹庵を営む長岡さんと地元の有志が山に分け入り、この桜を見つけました。東日本大震災後、「土地を今一度知ろう」という思いから、山道を整備して発見に至ったのです。

福岡市内からこの地に移住し、日本中を旅した民俗学者・宮本常一氏の考えを研究、実践しながら暮らしている、長岡さんは言います。

「この桜がなぜ残っていたのか。昔、桜はカレンダー代りの存在であり、水を浄化する作用があるとされてきたからかもしれません」。先人の知恵や土地の持つ力で、生き延びてきたのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAこの桜を広く知ってもらおうと、長岡さんらは、相思の桜を巡る周遊コースを作り、糸島の文化を伝承する「桜下義塾」を開催しています。

いわば、松下村塾の糸島版です。詳しくは、下記「ギャラリー樹庵」までお問い合わせください。これからの紅葉シーズンの、ギャラリー周辺の散策もおすすめです。


スポット名:相思の桜
所在地:糸島市二丈鹿家(十坊山三合目)
問合せ:ギャラリー樹庵 長岡秀世さん
電話:092-326-5336 (火曜休)


関連記事